宮崎市の歯医者「矯正・小児ひまわり歯科」


矯正歯科orthodontics

ひまわりのイラスト

矯正治療について

矯正について説明するイラスト

歯並びの治療は、”心と身体を元気にする治療”です。
当院では担当衛生士制で、治療後も定期的な検診やクリーニング・フッ素など、患者様のお口をきれいに機能的に保つにはどうすればいいかを患者様と一緒に考えます。矯正治療中は一時的にお口のケアが難しくなりますが、矯正治療の進行に合わせたお口の衛生管理もしっかりと行います。
歯並びを整え、身体本来の姿を取り戻しましょう!

矯正はそれぞれの歯並び、かみ合わせによって治療内容や器具が異なります。
また、年齢や時期なども違います。

スタート
※スクロールしてご覧ください。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  1. 矯正歯科装置装着後に違和感、不快感、痛みなどが生じることがあります。一般的には数日間~1、2 週間で慣れてきます。
  2. 歯の動き方には個人差があります。そのため予想された治療期間が延長する可能性があります。
  3. 矯正歯科装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院など、矯正歯科治療には患者様の協力が必要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. 治療中は矯正歯科装置が歯の表面に付いているため食物が溜りやすく、また歯が磨きにくくなるため、むし歯や歯周病が生じるリスクが高まります。したがってハミガキを適切に行い、お口の中を常に清潔に保ち、さらにかかりつけ歯科医に定期的に受診することが大切です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  5. 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることや歯肉がやせて下がることがあります。
  6. ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  7. ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  8. 矯正歯科装置などにより金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  9. 治療中に顎関節の痛み、音が鳴る、口が開けにくいなどの顎関節症状が生じることがあります。
  10. 治療の経過によっては当初予定していた治療計画を変更する可能性があります。
  11. 歯の形の修正や咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  12. 矯正歯科装置を誤飲する可能性があります。
  13. 矯正歯科装置を外す際にエナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  14. 動的治療が終了し装置が外れた後に、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす必要性が生じる可能性があります。
  15. 動的治療が終了し装置が外れた後に保定装置を指示通り使用しないと、歯並びや咬み合せの「後戻り」が生じる可能性があります。
  16. あごの成長発育により咬み合せや歯並びが変化する可能性があります。
  17. 治療後に親知らずの影響で歯並びや咬み合せに変化が生じる可能性があります。また、加齢や歯周病などにより歯並びや咬み合せが変化することがあります。
  18. 矯正歯科治療は一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

※ 矯正歯科治療は公的医療保険の適用外の自費(自由)診療となります。

1期治療

花のイラスト1期治療について

乳歯があるお子さんの場合
あごの骨格的問題、先天的問題、歯の生え方、隙間の問題、悪習慣の治療 などを目的とした準備段階の矯正(1期治療)を行います。
治療のメリット
あごの成長を促す、生え方の誘導をします。
1期治療の対象
個人差もありますが、上下前歯4本が永久歯に生えかわった時に治療を開始するのが一般的です。年齢ではなく、それぞれのお口の中の状態や成長によって判断します。治療終了後、継続して2期治療に移行することもあります。

花のイラスト1期治療で行うワイヤー矯正

リンガルアーチ(舌側弧線装置)


リンガルアーチ

反対咬合や永久歯が裏側から生えてきたときなどの治療に使います。内側からワイヤーの力で歯を押し出します。

メリット
  • 歯の裏側に装着するため、装置が目立ちません。
デメリット
  • 取り外しが出来ません。
  • 歯の裏側に装着するため、歯磨きがしにくくなります。

拡大装置


拡大装置

拡大装置は、歯並びを整えるために内側からワイヤーの力で歯列を外に広げる矯正装置です。あごが小さく隙間が狭い方の治療に使います。

メリット
  • 歯列の形状を改善することができ、咬合機能の向上にもつながります。
デメリット
  • 取り外しが出来ません。
  • 装置を取り始めたころは、違和感がある場合があります。
  • 一時的に発音がしづらくなることがあります。

ユーティリティアーチ


ユーティリティアーチ

前歯のでこぼこ、隙間があるなどの治療に使います。 歯の表側に付く装置で、金属の器具と半透明の器具があります。

メリット
  • 抜歯の必要性を減らすことができます。
  • 歯列の形状を改善することができます。
デメリット
  • 取り外しが出来ません。
  • 矯正装置が目立ちます。
  • 不快感や痛みを感じる場合があります。

プレート


プレート

かみ合わせの改善、矯正終了後の後戻り防止のための取り外し式装置です。

メリット
  • 取り外しが可能な装置です。
  • 食事や歯磨きの際に外せるため、装置を綺麗に保つことができます。
デメリット
  • 患者様ご自身が積極的に装着する必要があります。
  • 装置を装着していない間は、歯列が後戻りすることがあります。

花のイラスト費用・治療期間

費用

300,000円(税込)~ / 調整料(1回) 4,400円(税込)~

※費用は検査後の診断時に確定します。

治療期間

約1年半~2年

歯の動き方には個人差がありますが、3~4週間に1回の調整が必要です。 予定通りご来院頂けない場合は予定していた期間よりも長くかかります。

花のイラストマウスピース型矯正装置
(インビザライン・ファースト)

2期治療

花のイラスト2期治療について

すべての歯が永久歯の方
でこぼこ、八重歯、かみ合わせの治療 などを目的とした本格的な矯正(2期治療)を行います。
  • すべての歯が永久歯の方は年齢を問わず、基本的には2期治療となります。
  • 1期治療で準備段階の矯正が終わった方も、状況や必要に応じて2期治療へ移行します。
プラケットとは
2期治療は主にプラケットという器具を使います。歯にプラケットという四角い金具をつけ、弱い力を加えて歯を目的の方向に少しずつ動かしていきます。

花のイラスト2期治療に使う主な器具

メタルブラケット


メタルブラケット

四角い金属(ブラケット)を歯麺に1個ずつ装着します。プラケットにワイヤーをはめてゴムで結束し、弱い力を加えて歯を並べていきます。
※ カラーゴムを使っておしゃれを楽しむことも出来ます。

メリット
  • 強度が高く、壊れにくい装置です。
  • 耐久性が高く、長期間使用できます。
デメリット
  • 金属製の為、目立ちやすいです。
  • 金属アレルギーの方には使用できません。

クリアブラケット


クリアブラケット

ブラケットが半透明で目立ちにくいのが特徴です。
機能性はメタルとほとんど変わりません。

メリット
  • 透明な素材の為、矯正装置が目立ちにくいです。
  • 金属アレルギーの方でも使用できます。
デメリット
  • メタルブラケットに比べて、耐久力が弱く、高価になります。
  • 透明な素材の為、着色することがあります。

花のイラスト費用・治療期間

費用

500,000円(税込)〜 / 調整料(1回) 5,500円(税込)~

※費用は検査後の診断時に確定します。

治療期間

約2年~3年

歯の動き方には個人差がありますが、3~4週間に1回の調整が必要です。 予定通りご来院頂けない場合は予定していた期間よりも長くかかります。

花のイラストマウスピース型矯正装置
(インビザライン)